スキンケア 下北沢 未分類 近藤

日焼け止めの持続時間は??

今月は日焼け止めの持続時間についてお話します!

SPFはUV効果の持続時間の目安で、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。
通常紫外線が当たってから日焼けしてしまうまでに、約15分~20分と言われています。
それを例えばSPF30なら30倍遅らせることができるという意味です。

ですが日焼けまでには個人差があり、10分の人と20分の人では、同じSPFでも持続時間が違います。

10分の人だと、SPF30で
10分、SPF30=300分に延長できる

20分の人だと、SPF30で
20分、SPF30=600分に延長できる

そして、PAは、UV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示し、4段階あります。

でも日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げるわけではなく、軽減出来るだけです。

紫外線を多く浴びるシーンではSPF・PAの高い物やウォータープルーフの物を(皮脂吸収剤が入っているベタつく物はお肌の負担にもなるので使用後はしっかりと落としてあげて下さい)、デイリーでは低い物でも十分ですが大切なのは値が高い物でも低い物でもこまめに塗ってあげる事。

SPF50というのはあくまでも、炎天下の海辺で1日過ごすような場合に必要なSPFの最大値です。これは時間に換算すると1,250分(20時間50分)ですから、一日の日照時間をはるかに超えます。

-スキンケア, 下北沢, 未分類, 近藤

© 2024 lagom hair Powered by AFFINGER5